×

学校法人早稲田学園70年の沿革

学校法人早稲田学園70年の沿革History

学校法人早稲田学園

創立者 守谷務

「すべての事象に興味を抱け」と13時時計をシンボルとして制定。生徒・学生の才能とヤル気を引き出す受験教育の価値を生み出した。

わせがく夢育高校は、創立70年の伝統を持つ大学受験の名門「早稲田予備校」を運営する早稲田学園により2022年4月に設立された広域通信制高校です。 姉妹校であるわせがく高校は、2003年4月に開校し、7,000人を超える卒業生を輩出しています。

1953年
守谷務が早稲田予備校の前身である早稲田研究所を創立。
1955年
早稲田予備校と改称し東京都より各種学校として認可される。 早稲田予備校の校長に守谷務が就任。
1956年
学校法人錦櫻学園(早稲田予備校・早稲田アカデミー)の法人設立認可。
1965年
早稲田予備校本部校舎を竣工。
1968年
法人名を学校法人早稲田学園に変更。
1969年
学校法人早稲田学園理事長に守谷務が就任。
1982年
早稲田予備学校と改称し、東京都より専修学校として認可される。
1991年
早稲田予備校に西船橋校を開校。
1995年
理事長守谷務が文部大臣表彰。
1999年
サポート校早稲田学園高等部を開設。
2002年
創立50周年記念館を竣工。
早稲田予備学校の校長に守谷たつみが就任。
2003年
単位制・通信制課程普通科わせがく高等学校を開設。
多古本校、勝田台、柏、東京、川越、所沢、水戸に学習センター、西船橋、古河にスタディルームを開設。
わせがく高等学校の校長に守谷たつみが就任。
2004年
わせがく高等学校校歌制定。
千葉県高等学校文化連盟加盟。
千葉県高等学校体育連盟加盟。
稲毛海岸学習センターを開設。
2005年
千葉県高等学校野球連盟加盟。
2006年
保護者会設立。
2007年
早稲田学園理事長に守谷たつみが就任。
東京、西船橋、水戸にキャンパスを開設。
学園長守谷務が瑞宝双光章を叙勲。
わせがく5周年記念講演会を開催。
2008年
古河学習センターを開設。
茨城県高等学校体育連盟加盟。
2009年
埼玉県高等学校体育連盟加盟。
2010年
わせがく校章制定。
2011年
太田キャンパスを開設。
2012年
わせがく10周年記念講演会を開催。
わせがく校旗製作。
2013年
わせがくキャラクター(わせっぴ)制定。
2014年
高体連全国大会優勝者輩出。
2017年
前橋キャンパスを開設。
国民体育大会出場者輩出。
わせがく15周年記念講演会を開催。
2019年
面接指導施設を増設し、全学習センターをキャンパスとする。
理事長・校長守谷たつみが東京都教育功労者表彰。
2020年
女子硬式野球交流大会わせがくカップ開催。
2021年
第1回わせがくeスポーツ体育祭を開催。
2022年
単位制・通信制課程普通科わせがく夢育高等学校飯能本校を開設。
わせがく夢育高等学校長に岩澤正明が就任。
わせがく桐生キャンパスを開設。
わせがく夢育高等学校が埼玉県高等学校体育連盟加盟。